ほぼ日刊ホニャプラ連絡帖

紙立体デザインの専門家の制作室

宇宙天文エキスポの六角形

4月19日〜21日行われた宇宙天文エキスポにて 国立天文台ブースのとなりでホニャプランが出店しておりました。

天文台ブースで配布されていた、六角形の立体カレンダーを設計+デザインしましたので ご紹介いたします。

8月と12月のさし込み部を分解すると、クレジットが入っています

組み立て前はこのような展開です。

もともと輪ゴムを使わない設計はできていたのですが、 取都合や手間、値段のわりに面白さパーセンテージが低かったので もう袋から出してぱかん、とポップアップさせようと思い、このようになりました

なお、組み立てずに ペーパークラフトとしても、わりと簡単に作れます。

 

ちなみに、天文台の隣ですと 始終、Oculus Rift を使った Mitaka VR 体験のコーナーが気になって気になって仕方ありませんでした

私はついうっかり、体験させていただきました http://4d2u.nao.ac.jp/html/program/mitaka/

メガネの人は装着準備がけっこう大変ですが 宇宙の世界を立体的に体験できて、とても楽しいです

しかし、ミタカコーナーの担当の方は ずーーっと同じ説明をされてて、大変だなあと思いました...

それでは今日はこのへんで

ごきげんよう