ほぼ日刊ホニャプラ連絡帖

紙立体デザインの専門家の制作室

ポケモンのふろくとプラホック

深さ15ミリとか20ミリのプラホックを探しているうちに うちにプラホック使ったなにか無いかさがしていたら 「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール いまなんじ?おけいこどけい」 というのがでてきたので 記録しておきます

これは ぼちぼち 紙モノのふろくがなくなってきた頃のものでしたので ええー、すごいね、と思って買ってしまったものです

それでこの なにがすごいかというと とけいのギミックのプラ部品です

これは、、たぶんなにか他の教材屋さんの仕事で使った型を 使い回したのでなければむりなやつではないかと思うのですが (真実は不明) だってこのときのこの雑誌の部数って そんなに多くなかったと思うんです 三桁万部出てたりしていた頃のとは話が違うと...

そういうことで びっくりしたということも書いておかないと通常生活では忘れますので 記録いたします

ちなみに プラホックを探していてでてきたものを もうひとつ

紙とホックでできているこの回転盤 これもけっこう がんばらないとできないギミックです

設計がまず形をつくりますが そのあとは、製造をおっかけて設計が内容を保ちつつ合わせていく作業があります なんとかして世に出す段階というのは、どんな仕事でも壮絶なものですね

あら、それでこの回転ギミックのついたやつが なんなのか という話は また今度にします...

それでは今日はこのへんで

ごきげんよう