ほぼ日刊ホニャプラ連絡帖

紙立体デザインの専門家の制作室

立体星図工作キット 01北斗七星

できました!

立体星図工作キット 01「北斗七星」

企画:国立天文台 天文情報センター

データ作成:国立天文台JASMINE検討室 矢野太平

わたしたちが地球からみている星のならび。宇宙に飛び出して、

いろいろな方向から見ると一体どうなっているのか?!星のならびを

三次元でみることで、「宇宙空間の奥行き」がわかるキットです。

8月1日の、国立天文台の夏休みジュニア天文教室で使われました。

キットの中身、こんなかんじです。

これはなにかというと...

星の標本みたいなものでしょうか

平らにならんでるようにみえる星を、そのままごっそり取ってきて

箱に詰めたとしたら、こういう感じ

というものができあがります。

 

組立説明と、使い方、国立天文台 JASMINE検討室の

矢野太平さんの解説つきです。

 

 

これを

ジュニア天文教室に参加できるお友達だけでなく

もっとたくさんの

日本全国のお友達にもお届けできるよう、もうひとがんばりです。

 

 

 

 

お父さんお母さん

これで...

ケンシロウの胸の傷が

けっこう深い、というのがよくわかります

 

それではきょうはこのへんで

ごきげんよう